補助金申請

補助金とは?

補助金とは、国や地方公共団が事業者を支援するために支給する給付金です。

国などの機関が、政策的目的をもって支給しています。

 

主な目的には、起業促進、中小企業振興、技術振興などが挙げられます。補助金は、返済が不要なため、事業者の資金調達の1つと考えられています。

 

弊所では、補助金の申請書類の作成や代理申請を業務として受任いたします。

 

補助金制度の特徴

補助金は、返済不要なものが多い

融資の場合は当然返済が必要となりますが、補助金は多くの場合返済不要です。

ただし、中には返済が必要なものも存在しますので事前に確認しておきましょう。

 

また、補助金には支給されたのちに手続きが必要となるものもありますで、注意が必要です。

 

補助金は後払いが原則

補助金は原則として後払いで支給されます。

 

例えば、500万円の支出に対して1/2まで補助金が支給される場合、まず自社で500万円を支出する必要があり、その後に補助金が支給されます。

 

補助金は先には受け取ることできず、使途も限定されていることに留意しましょう。

 

補助金は課税対象

補助金は「収入」とみなされ、課税対象となります。注意しましょう。

 

補助金の例

小規模事業持続化補助金

小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、小規模事業者等が取り組む販路開拓等の取組の経費の一部を補助することにより、地域の雇用や産業を支える小規模事業者等の生産性向上と持続的発展を図ることを目的に支給される補助金です。

 

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金は、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。




Copyright(C) ファビスト行政書士事務所. All Rights Reserved.